信州MAKERS読者の掲示板と開発状況



カテゴリ:[ 趣味 ]


30件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[30] 史上最長のサーバーダウン

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2022年 1月17日(月)19時01分1秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用

信州MAKERSブログは、さくらインターネットのレンタルサーバーを使ってますが、1月17日10時45分ごろから17時11分ごろまで、アクセス不可状態でした。この年間で初めての出来事です。
さくらから報告がありました。原因の報告がありませんのでわかりませんが、攻撃とかではない感じです。
 サーバーの高速化の大変更をする直前だったので、準備作業で何かバグがあったのではないでしょうか。
https://support.sakura.ad.jp/mainte/mainteentry.php?id=30512&_gl=1*pe4bxt*_gcl_aw*R0NMLjE2NDEyNzg5MzguQ2owS0NRaUEyc3FPQmhDR0FSSXNBUHVQSzBqbWFZdlBJWi1HRWg1U1hlX2h3WTdHa3hoQXk3Y2lxa1Rfb21tMFU4NlZCVW11ZEJUR1JaZ2FBbTlrRUFMd193Y0I.&_ga=2.253587465.1458555283.1642413403-528301709.1642413393




[29] 工作部屋をどうしようか

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年12月17日(金)22時54分36秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用

長野市の新実験サイトの工事が年内に終わりそうなので、工作部屋のレイアウトを検討しはじめます。
 YUTUBEに電子工作部屋の事例紹介があったので、参考にさせてもらいます。
https://youtu.be/IcWu-8xjSAw

私の場合は電子工作というよりは、センサ工作なので、電子系というよりは、メカ系の実験用具が多いです。
必用なスペースは
・3Dプリンタの開発スペース(インテリジェントエクトルーダが中途半端になっているので継続します)
・6軸力覚センサの校正スペース
・RTK関係のアンテナ、実験場所
・屋外移動実験スペース 庭が広いので、庭で実験する場合の机などどうするか考えます。



[28] 信州MAKERS 新たな拠点を開設準備

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年10月31日(日)07時49分13秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

信州MAKERSは、長野県松本市の自宅でこの5年活動してきました。その間、自転車パワーメーター、6軸力覚センサ、3DPインテリジェント エクストルーダ、RTK GNSSスキーターンアナライザなどを開発してきました。
現在、RTK GNSSスキーターンアナライザの移動基準局作りと6軸力覚センサの人間の重心測定用フォースプレートを構想しております。いずれのテーマも実験が机上ではできないため、現在の自宅実験スペースでは、無理がありました。

たまたま、今冬、長野市の実家を片付けて住めるように整備することになりました。

そこで、広い実験スペースと広い庭が必要な実験は、長野市の実家に移すことにしました。
 RTKテーマと6軸力覚センサと3DPのテーマの資材と工具は、全部長野サイトに移動することにしました。引っ越しは、実家の片付けを年内の片付け終わったあと、来年1月から順次引っ越していきます。

 誰も住んでないので、スペースが余っているので、メイカーラボとしても使えるので、

将来的には、OPENラボにして、GNSS RTK実験を体験してみたい方、6軸力覚センサを体験してみたい方など、実験機材をオープンにして、信州MAKERS活動を現地公開できるようにしていきたいと思っております。

長野市には、長野高専、信州大学工学部があるので、若い理系学生さんが多くいらっしゃいますので、故郷信州のモノ作りコト作り活動の普及に貢献していきたいと思います。
 



[27] VB.NET 初めて1年記念に実用的なロガー提供

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年 9月13日(月)00時58分47秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

VB.NETでシリアル受信するプログラムを初めてから1年経過して、本ブログの最多アクセステーマとなってます。まさか、マイコンとPCをシリアルで接続するプログラム作りがこんなにニーズがあるとは予想してませんでした。そこで、今までは、基本学習用のサンプルプログラムでしたが、今回は、この1年のノウハウを終結して
DataGridViewへログしたデータを表示して、コピペしてEXCELに保存するという小さなプログラム作りました。1日半でできてしまうほどのシンプルで単純なものですが、高速(4msec周期)までログできてます。
TeraTermなどは、一旦ファイルにしてからEXCELでCSV変換する手間があったのですが、
本プログラムは、ログしたデータをDataGridViewに書き込むので、EXCELと同様にデータの閲覧確認ができて、それをコピペしてEXCELに保存すればいいだけなのでTeraTermより手数が少なくて済みます。
以後、高速のグラフィック機能を追加して、CPLTより機能が上のログ&グラフ ツールを作りたいです。

http://shinshu-makers.net/shinshu_makers/2021/09/13/%e3%80%90vb-net%e3%80%91%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab%e5%8f%97%e4%bf%a1%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%92datagridview%e3%81%ab%e3%83%ad%e3%82%b0%ef%bc%9c%e5%ae%9f%e4%bd%bf%e7%94%a8%e5%90%91/



[26] STA スキーへの入力センシング開発スタート

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年 7月16日(金)22時06分41秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

RTKは、スキーのアウトプットのセンシングですが、インプットとして、人間がスキーへ伝達する6分力とスキー板のたわみ変形をセンシングする開発を開始します。アウトプットとインプットをリアルタイムでセンシングできれば、自分のターンがどこがどうなっていてこういう結果になったか明白に判るので、素晴らしいスキーTUTORIALツールになると思います。多分力測定は信州MAKERSの得意分野なので、7月から10月で完成できると思います。特に、従来のスキー靴の圧力測定センシングシステムは、人間がスキーへ与えている力の半分以下しか測定できてません、ガチガチのスキー靴は、人間の足から6分力をスキーへ伝えるためにあるのに、靴底の圧力だけ測定していては、スキーへのインプットをセンシングしているとは言えないはずですので、ビンディングを通して伝わる6分力をいかに測定するかが焦点となります。

http://shinshu-makers.net/shinshu_makers/2021/07/16/%e3%80%90sta%e3%80%91%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%8f%e3%81%bf%e3%81%a8bendgauge%e3%82%92%e6%b8%ac%e5%ae%9a%e3%81%97%e3%81%9f%ef%bc%9c%e7%b7%9a%e5%bd%a2%e3%81%a7%e3%81%a6/




[25] ブログ読者の傾向と記事の方向性

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年 7月 4日(日)08時46分45秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用

ブログ開始から5年経過してようやく月1万PV達成できました。通常のブログと違って雑多なテクノロジが集まったブログなので定番記事のPVへの占める割り合が20%程度低く、パレート法則には乗ってません。
80%のPVは、80%の記事で個別ばらばらに分布してます。
何故このようなアクセス統計になるか、電子工作DIYの特徴として個人個人で発想が異なる点で、同じモノを作る場合でもアプローチが違っていて、ぴったり来る記事と来ない記事があって、読者の好みで読まれる記事が違ってくるためだと考えてます。管理人からするとこの記事を読んで理解したら次はこの記事に飛ぶはずだという道筋があるのですが、道筋通りに読んでさっさと理解して去る読者は少ないです。
読者全員がこのような読者だったら、PVは1万どころか千PV以下になると思いますので、人間の脳の理解パターンが千差万別なので、個人個人の理解のパターンにフィットした記事をたくさん用意することで、多くの読者様の理解が進むと考えて似たようで少しずつ異なる記事群を作ってます。これからも、読者様の読み方を分析して理解するパターンを多数用意した記事を増やしていきます。 よろしくお願いいたします。



[24] STA記事高須先生ブログでご紹介にあずかりました

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年 6月14日(月)23時11分5秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

6月13日日曜日に、RTK関係のアクセスが急増したので、リンク先をみたら、
http://gpspp.sakura.ne.jp/ でした。日本のGNSS研究の第一人者のお一人である高須先生のHPでした。こちらの備忘録http://gpspp.sakura.ne.jp/diary202106.htm
にArdusimpleブログで紹介されたスキーターンアナライザ(STA)についての短い紹介リンクを貼っていただいたのがアクセス急増の原因でした。さすが、高須先生のブログの読者は大勢いらっしゃるんだと感心いたしました。当のArduSimple社からもアクセスが日本から急増したので何かあったのか問い合わせメールがきたところです。ArduSimple社新製品を売りたくて、日本市場に参入したいので、日本の情報には敏感です。 RTK関係は、従来のアプリケーションでは、大きなビジネスは望めないので、新しいアプリケーションが望まれるところですが、世の常として、新しいアプリケーションは、餅は餅屋で、GNSS業界からはなかなか出てきませんので、あちこち可能性をあたってみる活動が重要です。そういうアプローチには、当信州MAKERSが提唱する「コト作りに立脚したモノ作り思想」重要です。例えば、現在開発しているスキーターンアナライザですが、今一番注力しているのは、スキーターンの解析ソフトとスキーブーツの圧力分布センシングとスキー板のたわみセンシングです。RTKは、スキーターンの結果を精密に表現してくれますが、入力である人間の力の入れ方を対比しながらセンシングして見せないと完成にいたりません。コト作りがスキーヤーである自分が満足することになっているので、モノとしてのRTKでセンシングできてもちっとも満足にいたらない点が重要です。RTK関係のモノ作りだけに注力していると、TOTALソリューションを見落としてしまいますので、技術もビジネスも死にたいになってしまいます。2000年代から失われた20年と言われている原因もコト作りに重きをおかなかった日本産業の敗北だと確信してます。自動運転と電気自動車などは良い例で、エンジンに固執していた日本の自動車産業が原因です。私も日本産業の卒業生ですので、その反省をこめて、定年退職してから、コト作りとモノ作りのバランスを自ら実践することで学生さん、若い技術者さんへ啓蒙するための活動の一環として開発活動をしている次第です。

http://shinshu-makers.net/shinshu_makers/2021/03/08/%e3%80%90rtk21%e3%80%91%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3motion%e8%a7%a3%e6%9e%90%e3%81%a8%e8%a9%95%e4%be%a1%e6%b3%95%e6%a4%9c%e8%a8%8e%ef%bc%9cspeed%e3%81%a8%e3%82%ba%e3%83%ac/



[23] 8月までのSTA開発日程

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年 6月 7日(月)15時56分50秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

2021年は、STAスキーターンアナライザーを中心に進めていきます。歩行解析も1Base3Rover精度を試験するために行います。8月以降は、STAにプラスして、スキーの応力、たわみ測定、足裏の圧力分布センシングなど新たなスキーセンシング開発を進めていきたいです。
●ソフトウェアの充実
①モーショングラフィックが判りにくく迫力がないため、複数枚BITMAPを切り替えながら高速表示する方式にSTAアナライザPgmを改善します。
②1Base3RoverにしてNTRIPが断線した場合でも安定した精度を保てるので、
現在有線で460800bps接続しているRTCM通信を高速な無線で接続できるようにする。
WiFiのPeerToPeerで接続する事例がBIZSTATION様にあったので、学習させていただきたいです。
●STA測位データの精度と信頼性の検証
①2021年冬で測定したデータでデータ異常、欠落に関して、検証考察を行って、2022年に改善する。
②iTOWの抜けが発生する原因
③アンテナ線の揺動とRTK精度の関係基礎実験
④NTRIPのESP32プログラムがArduSimple社のプログラムのほうが優秀なので、ソースを見て解析してみる

●開発の方向性
IOT組み込みシステムを作っても、膨大なデータをリアルタイムでどういう処理をして見せられるかでシステムの価値が決まります。データを処理して見せるソフトウェア開発が重要で、マイコンプログラムだけでは、システム開発ができなくなりつつあります。

http://shinshu-makers.net/shinshu_makers/2021/03/08/%e3%80%90rtk21%e3%80%91%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3motion%e8%a7%a3%e6%9e%90%e3%81%a8%e8%a9%95%e4%be%a1%e6%b3%95%e6%a4%9c%e8%a8%8e%ef%bc%9cspeed%e3%81%a8%e3%82%ba%e3%83%ac/



[22] 本ブログ記事で分らないとかお困りの方

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年 6月 2日(水)15時03分36秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

コロナ影響で、信州MAKERSブログ、月10%以上成長しております。新しい訪問者様が同じ記事を何回も何時間も眺めて困られている場面が多々あります。私もそうですが、何が何だかわからない、壁にぶつかってしまってどうしようもないので、関連記事を検索して眺めてはうんうん困る場合があります。その場合は、思い切ってコメント欄で質問したほうが、解決が早いです。しかし、更新頻度がないブログ様の場合は無視されます。ですので管理人様が毎日のように管理されているブログで質問しないと回答は望めません。信州MAKERSは、暇に任せて毎日管理してますので、コメントがあれば2日以内にはご回答さしあげます。ブログを成長させたい管理人なら、訪問者様からの質問は、ニーズを探る意味で大歓迎です。信州MAKERSでは、自作をしていて困った方、自作したいけどどうすればいいかわからない方などDIY(モノとソフト)にかかわっている方は仲間だととらえておりますので、気兼ねなくコメントもしくはメールをしていただければ、大丈夫です。非営利、年寄の暇つぶしですので、トラブルは起きることはありません。自作する気のない方のコメントの場合は、一回のお断りの返信だけで失礼する場合がある程度です。
公開で構わない場合は、本掲示板に投稿してください。非公開をお望みの場合は、下記で
記事ページの一番下にあるコメント欄に記入すると管理人だけに見えるコメントとなります。公開してもらいたくない場合はコメントに注記していただければ非公開にします。
メルアド:dj1711572002@gmail.com
Twitter:ShinshuMakers からダイレクトメッセージを受け付けてます。
FaceBook :信州makersからメッセージを送っていただければメッセージリクエストを見て返信いたします。
YOTUBE:ShinshuTelemark チャンネルからのDMメッセージでも受け付けてます。



[21] 記事の整理と非公開化

投稿者: 信州MAKERS管理人 投稿日:2021年 5月27日(木)14時35分16秒 softbank060127058218.bbtec.net  通報   返信・引用

おかげ様で信州MAKERSブログ5年経過しました。当初毎日更新をしてきましたが、最近では月数回の更新でも過去記事だけで順調にアクセス数が二けた成長するようになりました。記事数も千個くらいあります。3-4年前の記事は、成長過程の記事で時代遅れだったり、無駄なアプローチをしていたり読者のためにならない記事が多数あります。そこで、5周年を迎えた今月から、過去記事の非公開化をはじめました。ロードバイク関係は、開発を中止しているので、将来性のある内容の記事は保存しておきますが、読者のためにならない記事は非公開扱いしてます。もし、昔からのファンで、あの記事をもう一回見たいという方は、信州MAKERSまでお知らせください。限定公開をさせていただきます。FaceBookとかTwitterで連絡いただくが、dj1711572002@gmail.comへメールしてください。


レンタル掲示板
30件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.